ファミスタモバイル2010でプロ野球になんとなく触れてみる (つもりだった) その4

まだ続いてます。ファミスタモバイル2010。
マイチームが強くなりすぎてしまい、毎試合100点ゲームになったため、
このままではアストロ球団のようにアフリカでしか試合が出来なくなる可能性があるので
前回の案に向け、まずはOB選手を現役選手と3人ほど入れ替えました。
しかし、入替えたものの、現役選手達もスキルを追加してるため、
強さは結構なモンです。

※アフリカ!(アストロ球団)
アフリカ!

というわけで、現在のスタメン

1. 鈴木 尚宏(右)
2. 田中 賢介(二)
3. 育成くん(遊)
4. 王 貞治(一)
5. 田渕 幸一(捕)
6. 福本 豊(中)
7. 中島 裕之(三)
8. 張本 勲(左)

まだOB選手が4人残ってますが、将来的には外野は全て現役選手にしたいです。
いまだに青木、福地が出ないのが残念です。

さて、最近は外国球場で青空の下プレーしてますが、
ここで、2010の新要素 『 風 』 が大活躍です。
ほぼいつも 『 風力5 』 になってます。5m 以外があるのかわかりませんが、
この風向きが結構面白く、高いフライだとモロに影響を受けます。
ギリギリホームランかな?って当たりは、逆風だと押し戻されて外野フライだし、
その逆も当然あって、痛恨の一撃を食らう事もあります。
そして、横風の時などは普通はファールになるようなフライが戻されてホームランになったりもします。
さらにこの風向きは割とコロコロと変わるので、
守備の時などは結構目が離せません。

ペナントレースはまだまだ続きます。

ただ、ケータイでやり続けると、指がけっこう大変なので、
DS版にもちょっと心が動いて来てます。
DS持ってないのが弱点ですが。

 

 

ファミスタモバイル2010 | バンダイナムコゲームス公式サイト

関連記事:ファミスタモバイル2010でプロ野球になんとなく触れてみる (つもり)その1 その2その3
 
JUGEMテーマ:ケータイ
ファミスタ | comments(0) | trackbacks(0)

ファミスタモバイル2010でプロ野球になんとなく触れてみる (つもり) その3

けっこうやり込んでしまって、2009年度版同様、
プロ野球に触れる暇がありません。
しかも今回はマイチームの使い勝手が大幅に良くなってしまったため、
通常の12球団を使うことがありません。
そのくらい、『OB選手ガシャ』は魅力的です。

基本的にマイチームは既存の12球団の支配下選手(2軍?)+育成くんなので、
スタート時はOB球団に勝つのが難しかったりして、ムキになって頑張り、
1勝するとOB選手ガシャでOB選手が1人手に入るので、嬉しくて頑張り、
続けるうちに、色んな選手が加わったり、スキルで能力が上がったりと、
どんどんチームが成長するので、楽しくて頑張り…

と、はまり込んでいます。

私的には、OB選手ガシャで、田渕が手に入った時は本当に嬉しかったです。
打順の時には「がんばれタブチくん」と思いながら、フルスイングしています。

というわけで、現時点でのスタメン。

1. 福本 豊(中)
2. 高木 守道(二)
3. 育成くん(遊)
4. 田渕 幸一(捕)
5. 張本 勲(一)
6. 若松 勉(右)
7. 柴田 勲(左)
8. 田中 賢介(三)

ほぼ、OB球団になってしまいました。
控えにも長嶋や王などゴロゴロとOB選手がいます。
あまりOB選手ばかりだと戦力が凄すぎるので、
通常の『選手ガシャ』でいい選手が手に入れば
OB選手をスタメンに2〜3人くらいにして、チーム編成をしたいです。

その際には西武の中島や片岡、
ヤクルトの青木、福地、ソフトバンクの川崎・・・など夢は尽きません。

関連記事:ファミスタモバイル2010でプロ野球になんとなく触れてみる (つもり) その2
関連記事:ファミスタモバイル2010でプロ野球になんとなく触れてみる (つもり)


売れ筋ランキングは1時間ごとに更新中!

JUGEMテーマ:ケータイ
 
ファミスタ | comments(0) | trackbacks(0)

ファミスタモバイル2010でプロ野球になんとなく触れてみる (つもり) その2

ファミモバ2010

先日、ファミスタモバイル2010でプロ野球になんとなく触れてみる (つもり)
ということでやり始めたのですが、これがまた面白いです。

最初に若干感じた違和感も、やり続けていくうちに全く気にならなくなり、
今じゃ、操作の面では全く問題なしで、野球に集中できます。

2009では 選手ガシャ(試合に勝つなどして獲得したポイントを貯め、そのポイントを使いガシャポンの要領で選手を獲得していく) の使い勝手があまり良くなかったことから、マイチームを作らずに既存12球団から選んでペナントレースを戦ってましたが、今回はその選手ガシャが、かなり改善され、さらに 『OB球団に挑戦』モードで勝つとOB選手がゲットできるOBチケットがもらえることから、マイチーム『博多とんこっつ』を作り、OB球団相手に切磋琢磨しています。

ただ、あまりにOB球団が強いので、マイチームが完成していざ、マイチームペでナントレースに!となった時に、拍子抜けしないか心配です。
そのくらい、OB球団の各選手の能力が高いです。
現役時代の全盛期より、能力が高くなってるのでは?という人もいそうです。

このOB達を多くマイチームに獲得しつつ、オリジナルチームらしさも維持しつつ・・・
って感じでしょうか。

しかし、このままでは、当初の目的であった、
『ファミスタモバイルでプロ野球になんとなく触れてみる』 が、
実践できない気がします。
 
とりあえず、現時点での収穫は

『田中賢介選手が本当に良い選手だ』

です。



JUGEMテーマ:ケータイ
 
ファミスタ | comments(0) | trackbacks(0)

ファミスタモバイル2010でプロ野球になんとなく触れてみる (つもり)

ファミスタモバイル2009を紹介しようと、やり込んでいたら
いつの間にか1年経っていまして、2010年版が出てしまいました。

ファミモバ2010


まだあまり遊んでませんが、
2009との大きな違いは、ファインプレーと風でしょうか。
ファミスタシリーズではおなじみだったファインプレーが復活してます。
風はまだピッカリドームしか使ってないのでわかりません。
追ってレポートしたいのですが、そのころには2011が出てるかもしれません。

少し遊んでみての感想は、ピッチャーのモーションがぎこちないような気がします。
ただ、前作に比べ変化球のキレが増してます。
そして、球速が表示速度よりも遅めに設定されているようで、(例えば、150km/h でもそこまで早く感じない)
一球の重みが増しそうです。

最後にOBチームが最強です。
その中でも張本がナンバー1です。


ファミスタモバイル2010 | バンダイナムコゲームス公式サイト

JUGEMテーマ:ケータイ
ファミスタ | comments(0) | trackbacks(0)

ファミスタモバイル09でプロ野球になんとなく触れてみる -01

プロ野球をロクに見たこともなくほとんど知らない私が
ファミスタを通じてプロ野球に触れます。

使用ファミスタはケータイアプリの『ファミスタモバイル09』です。
DS版が4月2日に発売されましたが、そのモバイル版です。
かつて2005年版をプレイしてて、昨年2008年版でハマり、
2009年版の配信を待ちわびて、毎日サイトをチェックしてました。

まずは2008と2009の違いをざっと挙げてみます。
まだそんなにやり込んでないので追加、修正が入るかもしれませんが

・能力の数値が細分化
前作までは各数値が15〜20くらいが上限だったのに対し、
55〜60強まで引き上げられ、選手の能力差が曖昧ではなくなっています。
具体的に走力を例に挙げると、前作では共に(たしか)走力15だった阪神の赤星と
ヤクルトの福地が今回では赤星が66、福地が63と、より細かく設定されていて
走力に関して現時点では赤星がやや上という事になっています。

・ピッチャーゴロの増加
どういう意図か解りませんが、やたらとピッチャーゴロが増えました。
ピッチャーは投げて守って大活躍です。

・走力低下
より現実に近付けるためか、走力が抑えられています。
前作までは足の速い選手(赤星・福地・赤松・鈴木など)は左方向に転がせば
8割内野安打で出塁すれば2盗は9割可能でしたが現実はそんなに甘くなく、
3盗はもちろん2盗もかなり難しくなっています。

・ライトゴロも増加
ピッチャーゴロに続きライトゴロも増えてます。
走力低下が原因でしょうが、あまりにも多いです。
足が遅い同士の打者とランナーの組み合わせで、早いゴロやショートバウンドなら
ライトゴロゲッツーもあるのではないでしょうか。

・全体画面時の視点の変化
前作までは守備画面に切り替わる瞬間は打球が画面のほぼ中央だったのですが
今回は打球が画面の上部にある状態で全体画面に切り替わります。
実際、これが慣れるのに一番苦労しました。

・日本人選手は選手名が全員フルネーム表示に
ちゃんと漢字でフルネームに。
読み方が解らず気になる選手続出。

・打者のリーチが長くなりました
外角球はベースよりかなり外側でも届くようになり、
『追い込んで外角へ逃げる球で空振り』っていうのがかなり難しくなりました。

・打撃成績
打順の際にその打者の今日の打撃成績が表示されるようになりました。
【投ゴ】がやたら目に付くようになります。
そしてセンターへのホームランで【中本】と表示されるので
【中本】を何人もを揃えたい気持ちになり、一発狙いの指先に力が入ります。

とりあえず、こんな感じです。
気付くたび加筆していきます。

プロ野球に触れるどころか、ファミスタの説明で第一回が終わります。

和田ちゃん

ファミスタモバイル09 | バンダイナムコゲームス公式サイト

JUGEMテーマ:スポーツ


ファミスタ | comments(0) | trackbacks(0)
1