◆ マイケル ジョーダン VS ドミニク ウィルキンス | ワケスパ
<< ◆ 犬が三毛の一族 Tシャツ | main | ◆ Radiq / Fat Back Funk >>

◆ マイケル ジョーダン VS ドミニク ウィルキンス

『マイケルジョーダン vs ドミニクウィルキンス』

と聞くと、私らの世代はもちろん、NBA好きには真っ先に、スラムダンクコンテストが思い浮かぶと思います。

両者ともNBAを代表するダンカーでしたし、

実際にスラムダンクコンテストで競い合い、それぞれ2回ずつ優勝しています。

(1985年と1988年の2回ファイナルで優勝争いをしています)

 

で、今回はそのダンクコンテストではなく、試合です。

 

この2人が所属するシカゴ・ブルズとアトランタ・ホークスの1985年の対戦。

試合結果はドミニク・ウィルキンス率いるアトランタ・ホークスの勝利で終わったのですが、

とにかく内容が凄くて、マイケル41ポイント、ドミニク57ポイントと両者が爆発。

 

そして、今現在でもスーパープレイ集に残り続けるダンクやオフェンスシーンがこれでもかとばかりに登場します。

 

ヒューマンハイライトフィルムと呼ばれていたドミニクがその名の通り派手なダンクを見せつければ、

ダブルクラッチや滞空時間の長いジャンプショット等でマイケルも魅せます。

マイケルの得点力はおなじみですが、ドミニクも1985-6シーズンでは得点王になるだけの得点力があるので、
この両者の対決はいつも見応えのあるものでした。
その試合のハイライト動画です↓

 

 

とりあえず、この動画の見どころを書き出してみました。

が、たった10分弱のハイライト集にこれだけのスーパープレーがあるので、

書き出しといてなんですが、いちいちひとつずつ見ないで通して見た方が良いと思います。

いちいち広告始まっちゃうでしょうし。

 

【ドミニク】In Your Face Slam

【ドミニク】決して美しいとは言えないフォームだけど決まるジャンプショット

【マイケル】スティールからの Coast to Coast Dunk

【マイケル】ベースラインからのワンハンドダンク

【ドミニク】速攻からのリバースダンク

【マイケル】ディフェンス2人の間からスクープショット

【マイケル】空中でひとりかわしてスリーポイント

【マイケル】In Your Face Slam

【マイケル】滞空時間の長いダブルクラッチジャンプショット

【ドミニク】チャールズオークリーのパスをからのリバースダンク

【マイケル】ディフェンス2人の間をくぐり抜けてのリバースレイアップ

【ドミニク】スティールからのウィンドミルダンク

 

今、見ても凄いですよこのおふたり。

 

 

JUGEMテーマ:NBA

 

マイケル ジョーダン | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   

 
Trackback URL
http://yokowake.jugem.cc/trackback/154
Trackback