ワケスパ

◆ マイケル・ジョーダン 3連覇時のプレー

マイケル・ジョーダンが3連覇した時のNBAファイナルのプレー集です。

3連覇といってもマイケルはシカゴ・ブルズで2度3連覇しているので、1993年。初回の時です。

 

この3連覇の中で特徴的なのが、多少の入れ替わりはあるものの、

ほぼおなじみのメンバーで3連覇しているということです。

特にスタメン。PG(ポイント・ガード)がジョン・パクソンからBJ・アームストロングになったくらいで、あとはずーっと一緒。

パクソンもベンチスタートでもかなりの働きをしていますし、最後の最後で優勝を決める3ポイントシュートを決めています。

 

さて、今回のファイナルの相手はフェニックス・サンズです。

シクサーズから移籍したチャールズ・バークレー(バークリー)がいます。

そしてもちろん、リーグを代表するPGのKJことケビン・ジョンソンもいます。

 

 

 

結果を見たらお分かりのように、バークレーを中心としたサンズのオフェンス力は凄かったものの、

4勝2敗という結果以上にブルズが圧勝したファイナルだったと思います。

 

勝敗のポイントはマイケルのマッチアップだったと思います。

攻撃の軸としてダン・マーリーは外せないのでしょうが、彼では1対1のディフェンスでマイケルを抑えるのは難しく、

クイックネスで対応しようとKJに変わると、マイケルは高さのミスマッチを利用してポストプレーに切り替え、ジャンプショットを連発。

マイケル以外に気を取られていると、スコッティ・ピッペンなどの他の選手にやれれてしまうという、終始、後手後手の展開でした。

 

このファイナル後、マイケルは引退(1度目)チャールズ・バークレーは怪我がちとなり、その後ヒューストン・ロケッツへ移籍。

 

2人がファイナルで顔を合わすことはその後ありませんでした。

 

チャールズもとても好きな選手なので、1度は優勝して欲しかったのですが、

結局チャンピオンリングを手にすることなく引退してしまいました。

 

今はTNTの解説としてシャックやケニー・スミスらと元気にしている姿を見かけますね。

 

JUGEMテーマ:NBA

マイケル ジョーダン | comments(0) | trackbacks(0)

◆ ONIGAWARA / ヒットチャートをねらえ!

 

最近、ONIGAWARA が好きです。

 

 

 

気持ちいいです。

 
じっくり聴けるし、
 
なんとなく聞き流せるし、
 
楽しく踊れる。
 

 

 

いいぞ。いいぞ。

 

 

 

ONIGAWARA「ヒットチャートをねらえ!」MUSIC VIDEO

 


 

私ら世代にとってはちょっと渋谷系を思い出させつつ、

様々な要素を詰め込んで見事に消化し極上のポップスとして昇華させてます。



表題曲の『ヒットチャートをねらえ!』はもちろん、『タンクトップは似合わない』

『シャッターチャンス'93』『Shake it!』『GATTEN承知之助?We can do it!!?』など、

まさにヒットチャートを聴いているかのような傑作目白押し。

ぜひアルバムで聴いて頂きたいです。
 
 

 

Apple Music > ヒットチャートをねらえ! - ONIGAWARA

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:音楽

 

音楽 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ VULFPECK /// Dean Town

カッコイイぞ!

 

VULFPECK /// Dean Town

 

 

JUGEMテーマ:音楽

Funk | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 好きなラーメンの味、なに?

とんこつラーメン 暖暮

 

そげなもん、とんこつに決まっとろーが。

好きなラーメンの味はとんこつです。

 

『はかたとんこっつ』というバスケ&バレーボールチームを作るくらいとんこつ派です。

 

【参考記事】◆ バレー バレラー バレリスト

 

という感じです。

今日はJUGEMブログのテーマ『好きなラーメンの味、なに?』について書いてみました。
ラーメン食べたくなりますね。

 

JUGEMテーマ:好きなラーメンの味、なに?

- | comments(0) | trackbacks(0)

◆ NEIL LANDSTRUMM - Live @ Lords of Techno,

ニール・ランドストラム


1990年代、アシッドでブリープでノイジーでエクスペリメンタルで踊れるという作品を幾多も輩出していた奇才で鬼才なクリエーター。

個人的には重低音ベースと暴れるシンセに跳ねたリズムというイメージで、
スーパー・コライダーのクリスチャン・ヴォーゲルやジェイミー・リデルらと共に Mosquito / No Future 一派として認識してました。

そして彼らの作品はもちろん、彼らが手掛けたリミックスなどもかなり聴き込み、自分がDJをする際にはかなり重宝してました。



そんなニールの2014年のDJではなくライブ動画。



これがまた、カッコイイ!



まさにテクノ。



NEIL LANDSTRUMM - Live @ Lords of Techno, 






 


機材の横に紙が置いてあって、ちょくちょく見てますね。


セットリストでしょうか。

 


JUGEMテーマ:TECHNO



テクノ | comments(0) | trackbacks(0)