ワケスパ

◆ マイケル ジョーダン VS ドミニク ウィルキンス

『マイケルジョーダン vs ドミニクウィルキンス』

と聞くと、私らの世代はもちろん、NBA好きには真っ先に、スラムダンクコンテストが思い浮かぶと思います。

両者ともNBAを代表するダンカーでしたし、

実際にスラムダンクコンテストで競い合い、それぞれ2回ずつ優勝しています。

(1985年と1988年の2回ファイナルで優勝争いをしています)

 

で、今回はそのダンクコンテストではなく、試合です。

 

この2人が所属するシカゴ・ブルズとアトランタ・ホークスの1985年の対戦。

試合結果はドミニク・ウィルキンス率いるアトランタ・ホークスの勝利で終わったのですが、

とにかく内容が凄くて、マイケル41ポイント、ドミニク57ポイントと両者が爆発。

 

そして、今現在でもスーパープレイ集に残り続けるダンクやオフェンスシーンがこれでもかとばかりに登場します。

 

ヒューマンハイライトフィルムと呼ばれていたドミニクがその名の通り派手なダンクを見せつければ、

ダブルクラッチや滞空時間の長いジャンプショット等でマイケルも魅せます。

マイケルの得点力はおなじみですが、ドミニクも1985-6シーズンでは得点王になるだけの得点力があるので、
この両者の対決はいつも見応えのあるものでした。
その試合のハイライト動画です↓

 

 

とりあえず、この動画の見どころを書き出してみました。

が、たった10分弱のハイライト集にこれだけのスーパープレーがあるので、

書き出しといてなんですが、いちいちひとつずつ見ないで通して見た方が良いと思います。

いちいち広告始まっちゃうでしょうし。

 

【ドミニク】In Your Face Slam

【ドミニク】決して美しいとは言えないフォームだけど決まるジャンプショット

【マイケル】スティールからの Coast to Coast Dunk

【マイケル】ベースラインからのワンハンドダンク

【ドミニク】速攻からのリバースダンク

【マイケル】ディフェンス2人の間からスクープショット

【マイケル】空中でひとりかわしてスリーポイント

【マイケル】In Your Face Slam

【マイケル】滞空時間の長いダブルクラッチジャンプショット

【ドミニク】チャールズオークリーのパスをからのリバースダンク

【マイケル】ディフェンス2人の間をくぐり抜けてのリバースレイアップ

【ドミニク】スティールからのウィンドミルダンク

 

今、見ても凄いですよこのおふたり。

 

 

JUGEMテーマ:NBA

 

マイケル ジョーダン | comments(0) | trackbacks(0)

◆ 犬が三毛の一族 Tシャツ

犬が三毛

犬が三毛とは?

 

犬が三毛の一族とは?

 

そしてこの土管に刺さっているのはだれなのか?

 

謎が謎を呼ぶミステリー!

 

ということは一切気にせずに直感で着たいTシャツのご紹介です。

 

男は黒。

 

レディース グレー。

 

カレーが大好き。キレンジャー。

 

 

JUGEMテーマ:ファッション

ファッション | comments(0) | trackbacks(0)

◆ おぎやはぎ「伝説のネタ」

おぎやはぎ「伝説のネタ」(爆笑オンエアバトル)[489KB]


おぎやはぎが好きです。

その、おぎやはぎの伝説のネタ(私の中で)

NHKの爆笑オンエアバトルで観て、衝撃を受けたネタ。
笑ったしビックリしたし感心しました。


このオンエアバトル(オンバト)以外でこのネタを観たことなくて

もう一度観たい。という想いは募る一方でしたが、
いきなりYoutube に上がってました。

いつか、この動画もYoutube上から消えてしまうかもしれませんが、
とりあえず観れてよかったです。


このネタの入ってるDVD等があれば欲しいのですが、

見つけられない…。

 

ちなみに、おぎやはぎ と おはぎやま はよく見間違えます。

どっちも好きです。
JUGEMテーマ:おぎやはぎ

 

 

 

 

 

気になる事 | comments(0) | trackbacks(0)

◆ マイケルジョーダンのフェイダウェイジャンプショット 2

マイケルジョーダンのことばかり書いてますが、

今回もまたマイケルです。

 

今から10年ほど前にこのブログでマイケルジョーダンのフェイダウェイ・ジャンプショット

って記事を投稿してますが、その記事の動画がリンク切れしてる(当時はYouTubeがそこまでメジャーじゃなくGoogle動画でした)のと、その動画をYouTubeで見かけたのでもう一度マイケルのフェイダウェイについて書こうと思います。

マイケルジョーダンの全盛期以降の最大の武器は間違いなくこのフェイダウェイでした。

 

そもそも「フェイダウェイって何?」ってとこからなのですが、

Fadeaway と書きます。意味としては消えていくとか弱まっていくってとこでしょうか。

英語は詳しくないので正しい意味はよくわかりません。

が、ここでは『遠ざかっていく』と考えればピンとくるかもしれません。

ディフェンスから離れながらシュートを撃つということでしょうね。

では見てみましょう。

 

Michael Jordan - Fadeaway

 

すごいですね。

後ろにジャンプしてディフェンスから遠ざかりながらジャンプシュート。

 

先程の動画ではスローモーションでしたが、

次は通常の速さで。こんなに速いのか!とビックリします。

そして引きの映像が多いのでフェイダウェイでの遠ざかる距離もけっこう凄いのがわかります。

この動画はマイケルのポストプレーの特集動画なので、フェイダウェイ以外のプレーも多々あります。

ポストからのオフェンスのバリエーションの多さにこれまた驚きます。

 

Michael Jordan's Post Plays

 

やっぱ、すごいですね。

 

次回はポストプレーについて気が向いたら書きたいです(願望)。

 

 

JUGEMテーマ:NBA

マイケル ジョーダン | comments(0) | trackbacks(0)

◆ ネクタイ

先日紹介しました、◆【オススメ本】 りんごかもしれない が相変わらず好きで眺めているのですが、

その中にある『じつは かみのけとか ぼうしが ほしいのかもしれない。』 

の、【ネクタイ】が特に好きです。



りんごのくせにネクタイか。控えめなのか大胆なのか。
パーマは、気持ち、葉加瀬太郎氏っぽい気がしますね。

まぁ、それだけです。

本当にいい絵本ですねぇ。

ヨシタケシンスケ作品

ヨシタケ シンスケ ページ(公式)



JUGEMテーマ:オススメの本
 
 | comments(0) | trackbacks(0)